北区で探偵へ伴侶の不倫の相談を行い行動調査を依頼して突き留めます

MENU

北区で探偵事務所が不倫相談の調査で取りかかる流れと結果

不倫の調査を探偵事務所の無料相談にお願いして、調査した内容を伝え査定金額を計算してもらいます。

 

調査方式、調査した訳合、予算金額に許諾できましたら実際の取り決めを締結します。

 

契約を交わしたら調査は進めさせていただきます。

 

不倫調査する場合、何時も2人1組で行われることが多いようです。

 

それでも、依頼者様のご要望を報いて調査員の人数を変動させることはOKです。

 

探偵事務所では不倫に関する調査では、調査中に時折報告がきます。

 

それでリサーチの進行具合を常時把握することが可能ですので、依頼者様はご安心できます。

 

 

当事務所の不倫調査での決まりでは規定の日数は定めているので、日数分の調査が終わったら、すべての調査内容とすべての結果内容を合わせました依頼調査報告書が得られます。

 

不倫調査報告書には、詳細に調査内容において報告されており、不倫の調査中に撮影された写真等も同封されています。

 

不倫の調査後々、訴訟を生じるような時には、ここの調査結果報告書の調査内容、画像は肝心な裏付になるでしょう。

 

このような調査を我が探偵事務所に求める目的として、この重要な不倫現場証拠を掴むことなのです。

 

仮に、調査結果報告書の内容がご納得いただけない場合には、調査の続きを申し出をする事ができます。

 

結果報告書に承諾していただいて依頼契約が終了させていただいたその時は、それで今回ご依頼された不倫の調査はすべて終了となり、すべての調査に当該するデータは当探偵事務所が処分させていただきます。

北区で不倫調査は探偵事務所スタッフが言い逃れできない証拠を公判に提出可能です

不倫調査といったら、探偵が思い浮かびますよね。

 

探偵というものは、人からの不倫調査依頼を受けて、聞き込みや尾行、監視などのいろいろな方法により、依頼された目標の所在や動きの確実な情報を寄せ集めることが仕事としています。

 

わが探偵事務所の依頼は色々あり、多い依頼は不倫の調査です。

 

不倫の調査は格段に多いのでございます。

 

機密性が高いとされる探偵仕事は、不倫調査にはマッチするといえますよ。

 

プロに不倫の調査依頼をしたら、プロの情報やノウハウ等を用い、ご依頼人様が求める確かな情報や証拠を取り集めて教えてくれます。

 

 

不倫調査のような調査依頼は、以前は興信所に依頼するのが当たり前だったが、今は興信所に結婚相手の身元確認、企業の雇用調査が興信所にはほとんどで、一般的な探偵業のように内密に調査するのではなく、目的の人物に興信所からのエージェントだと伝えます。

 

あと、興信所の者は特に詳しく調べません。

 

友人へ依頼に関する聞き込みをするだけということもしばしばあります。

 

ここ何年かの不倫の調査依頼では、ターゲットが気付かないように身のまわりの調査をしてもらいたい人がほとんどなので、探偵の方が興信所よりも向いています。

 

私立探偵社に対する法は制定されていませんでしたが、ごたごたが後を絶たなかったことから8年前に探偵業法で規制されました。

 

それにより、所轄の都道府県公安委員会に届出がなければ探偵の仕事ができません。

 

なので健全である探偵業の経営がされていますので、お客様には信用して不倫調査をお願いすることが可能です。

 

不倫問題の可能性があった時はとりあえず探偵業者に話をすることを推奨したいと考えます。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

北区で探偵に不倫の調査を依頼した時の経費はどれくらい?

不倫を調査する不可欠なのは探偵に依頼とは言っても入手するには裏付などを脱毛が納得できなかった場合に、有効度合いで、費用は上がっていく傾向のようです。

 

むろん、依頼をお願いする探偵事務所によって料金が違ってきますので、多くの探偵の事務所があればその事務所ごとでの値段が異なるでしょう。

 

不倫調査の際は、行動調査として探偵する人1人当たり一定の料金がかかってしまいます。探偵の人数が複数になるとそのぶん調査料金が増えた分だけかかります。

 

調査には、尾行と結果を調べるだけの簡単な調査と、予備調査、探偵に必要な特殊機材、証拠になるVTR、報告書で提出する一般的な調査があります。

 

行動を調査するかかる代金は、60分を単位と定められています。

 

取り決めした時間を超過して調査をする場合は、延長するための代金が必要に応じてかかってなります。

 

調査する人1名で60min毎の延長費用が必要です。

 

 

尚、バイクや車を使うときは別途、車両料金がかかってきます。

 

日数×台数の費用で定められています。

 

必要な車両毎に必要な料金は変わりますのでご注意を。

 

公共の乗り物等の交通費やガソリンや消耗品等調査に必要なもろもろの費用も必要になってきます。

 

ほかに、現場の状況によって変わりますが、特別な機材などを使うこともあり、そのために必要な料金がかかることもあります。

 

特別な機材とは、赤外線カメラや偽装したカメラ、仕掛け用カメラ、通信機器、カメラと連動したモニター様々な機器が準備できます。

 

わが探偵事務所ではこれらの特殊機材を使用した非常に高い技術でどんな問題も解決へ導いていくことが可能なのです。